飼い主のみなさま >> 犬のお薬 飲ませ方&使い方テクニック

飼い主のみなさま

犬のお薬 飲ませ方&使い方テクニック

普段どんなに元気な犬でも体調を崩すことはあります。そんな時、きちんとお薬を飲ませてあげることが、早期の治療につながります。
手順をしっかり覚えて、いざという時に備えておきましょう。

錠剤の場合

1.上下の顎を掴み、口を開かせる。

1.上下の顎を掴み、口を開かせる。

2.錠剤をのどの奥に置き、口を閉じる。

2.錠剤をのどの奥に置き、口を閉じる。

3.口を開かせないよう押さえたまま、喉元を撫で飲み込ませる。

3.口を開かせないよう押さえたまま、喉元を撫で飲み込ませる。

粉薬の場合

1.口の横の少したるみのある部分を広げる。

1.口の横の少したるみのある部分を広げる。

2.指に粉薬をつけ、口の横の粘膜に塗り付ける。

2.指に粉薬をつけ、口の横の粘膜に塗り付ける。

3.頬を軽くもむようにして飲み込ませる。

3.頬を軽くもむようにして飲み込ませる。

点眼薬の場合

1.犬の顎を掴み、やや上を向かせる。

1.犬の顎を掴み、やや上を向かせる。

2.片手で顔の肉を下に引っ張りながら、点眼薬をさす。

2.片手で顔の肉を下に引っ張りながら、点眼薬をさす。

イメージ

嫌がる犬にうまく薬を飲ませるコツ
良薬口に苦し、といいますが、犬も人間と同じで、薬を嫌がる犬はいます。
たとえば錠剤だとうまく飲んでくれるけど、粉薬だとダメ、という犬や、逆に錠剤だとこっそり後で吐き出してしまう犬など、得手不得手もあるはずです。どうしてもうまく飲ませられない時には一度獣医師に相談してみましょう。薬によっては同じ効能で、形状の異なる薬もあるので、場合によってはその犬の飲みやすい形状に変更してもらえることもあります。

お薬管理表

病院で薬をもらったら、種類や飲ませる間隔などを忘れないように書き込んでおきましょう。治ったかな、と思っても、薬はきちんともらった日数分、最後まで飲ませるようにしてください。

お薬管理表

 

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく

動物病院専用プレミアムフード

愛犬・愛猫の年齢に適した栄養設計で安心してあげられるプレミアムフードです。

詳細はこちら

レンジアレンTM

リン吸着製品「レンジアレンTM」のご紹介

詳細はこちら

健康診断

ペットにも健康診断を受けさせましょう

詳細はこちら

ビデオライブラリ

ペットとノミ・マダニ・フィラリア・消化管内の寄生虫についての解説ビデオをどうぞご覧下さい。

詳細はこちら